脊柱内で展開して脊髄に貼り付く慢性腰痛治療デバイスが開発される

イギリス・ケンブリッジ大学の研究チームが、薬品の効果が期待できない重度の慢性腰痛の治療に適した脊髄刺激装置を発表しました。この装置は、既存の埋め込み式装置では達成不可能だった低侵襲かつ高効率を達成できる可能性があると報じられています

Electronics with shape actuation for minimally invasive spinal cord stimulation | Science Advances
https://advances.sciencemag.org/content/7/26/eabg7833

Inflatable, shape-changing spinal implants could help treat severe pain
https://www.cam.ac.uk/stories/spinal-implants

Mind-Blowing 'Inflatable’ Spinal Cord Implant Could Make Pain Relief Widely Available
https://www.sciencealert.com/mind-blowing-spinal-cord-implant-could-relieve-suffering-for-chronic-pain-patients

脊髄刺激療法は脊椎にインプラントした機器から微弱な電気を流して難治性の痛みを緩和するという外科治療の一種です。薬が効かない重度の腰痛にも効果があるとされる反面、電極を人の脊柱に突き刺し脊髄全体に配置するという必要があるという危険性が存在します。既存の脊髄刺激療法用機器は脊髄を覆うパドル型と脊柱に突き刺す針型の2種類で、パドル型は椎骨の一部を取り除かなくてはならないというリスクがあり、針型は椎骨の一部を取り除く必要がないものの装置と脊髄の接触範囲が小さいため効果が低いという問題がありました。 続きを読む…
[紹介元] GIGAZINE 脊柱内で展開して脊髄に貼り付く慢性腰痛治療デバイスが開発される

GIGAZINE

Posted by InfoClip