遺伝子編集技術「CRISPR-Cas9」の静脈注射による世界初の治療が難病を改善

遺伝子配列の特徴を利用したゲノム編集技術「CRISPR-Cas9」は、がん細胞だけを殺す新種の免疫細胞を作ったり遺伝性眼疾患を治療する研究に役立ったりと、さまざまな研究・医療技術に貢献を果たしています。そんなCRISPR-Cas9による深刻な遺伝性疾患の治療に臨んだ男性の事例を、アメリカ公共放送のナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)が紹介しています。 続きを読む…
[紹介元] GIGAZINE 遺伝子編集技術「CRISPR-Cas9」の静脈注射による世界初の治療が難病を改善

GIGAZINE

Posted by InfoClip