50種類以上のがんを検出できる画期的な血液検査がいよいよ大規模テストの段階へ

血液検査でがんを診断する技術の開発を行うアメリカのスタートアップ・Grailは、2020年に「AIを用いて50種類以上のがんを検出できる血液検査」を開発したと発表しました。新たに行われた4000人以上を対象にしたテストでも、Grailの血液検査が良好な結果を収めたことが報告され、2021年の秋には14万人規模の大規模なテストも始まると報じられています。 続きを読む…
[紹介元] GIGAZINE 50種類以上のがんを検出できる画期的な血液検査がいよいよ大規模テストの段階へ

GIGAZINE

Posted by InfoClip