国防省職員がバス停に置き忘れてしまった機密文書を一般市民が発見

イギリス国防省の職員が紛失した「50ページにわたる機密文書」が、2021年6月22日(火)に一般市民によってバス停で発見されていたことが判明しました。この機密文書には、現地時間の2021年6月23日(水)に発生した「クリミア半島沖におけるイギリス駆逐艦とロシア軍の応酬」について、事前にロシア軍側の反応を想定した内容も記されていたとのことです。 続きを読む…
[紹介元] GIGAZINE 国防省職員がバス停に置き忘れてしまった機密文書を一般市民が発見

GIGAZINE

Posted by InfoClip