Microsoftがロシア政府が支援するハッカー組織から再びサイバー攻撃を受けたと発表

Microsoftのブラッド・スミス社長が「過去10年で最も深刻なサイバー攻撃の1つ」と言及したのは、SolarWindsが提供するネットワーク監視ソフトウェア「Orion Platform」を用いることで、アメリカの政府機関や大企業に対して行われた大規模なハッキング攻撃です。このサイバー攻撃を仕掛けたのはロシア政府が支援するハッカー組織「NOBELIUM」(ノーベリウム)であると目されているのですが、この組織による新しいサイバー攻撃を受けたとMicrosoftが発表しています。 続きを読む…
[紹介元] GIGAZINE Microsoftがロシア政府が支援するハッカー組織から再びサイバー攻撃を受けたと発表

GIGAZINE

Posted by InfoClip