Microsoftがコード署名プロセスの弱点を突かれて誤ってルートキットに署名したことが判明

セキュリティ企業のG DATAが、Microsoftのデジタル署名が入った「Netfilter」というドライバーをマルウェアとして検出しました。アラートシステムにより誤検知の可能性が指摘されましたが、検証により陽性(実際にマルウェア)であることがわかったため、Microsoftが調査に乗り出しています。 続きを読む…
[紹介元] GIGAZINE Microsoftがコード署名プロセスの弱点を突かれて誤ってルートキットに署名したことが判明

GIGAZINE

Posted by InfoClip