Snapが動画で使える音楽の拡充でユニバーサルミュージックと提携

Snap(スナップ)は米国時間6月24日、世界最大の音楽会社の1つであるUniversal Music Group(ユニバーサルミュージックグループ、UMG)との複数年契約を発表した。QueenからJustin Bieber(ジャスティン・ビーバー)に至るまで、ユーザーは自分のSnapsの中で、そしてTikTokと競合するSpotlightで使うために広大なUMGのカタログから曲をクリップできる。
今回の発表に先駆けてSnapchatは2020年10月、Sounds機能を追加していた。この機能ではユーザーはSnapがライセンスを獲得した音楽で自身のSnapsを充実させることができる。機能を追加して以降、5億2100万本超の動画がSoundsを使って制作され、310億回超閲覧されたとSnapは話す。
もちろん、Snapchatの音楽への投資はTikTokで使える音楽が増えていることへの直接の対応だ。2020年、Fleetwood Mac(フリートウッド・マック)のレコードに収録された曲「Dreams」がTikTokで流行った後、1977年のアルバム「Rumours」がビルボードに再登場した。TikTokではダンスも流行っていて、そうしたダンスで曲が採用されたアーティストの売り上げを支えている。そのためTikTokやSnapchatのようなアプリがライセンスを取得した曲が多いほど、Nathan Apodaca(ネイサン・アポダカ)氏のような機会、つまり無料の宣伝は多くなる。
Olivia Rodrigo(オリヴィア・ロドリゴ)氏のようなZ世代アーティストは、すでに新しい音楽を宣伝するのにこうしたソーシャルプラットフォームを活用してきた。Snapでは、ロドリゴ氏の曲「driver’s license」を使った動画が1000万本制作された、とSnapは指摘する。ロドリゴ氏はまた、記録破りのデビュー曲「Sour」を宣伝するためにSnapchatでAR Lensesを使った初めてのアーティストでもあったが、公平のためにいうとロドリゴ氏はInstagramでもARエフェクトを共有した。
オリヴィア・ロドリゴ氏は新しいアルバムで「deja vu(デジャブ)」について歌っているが、Snapの発表からもデジャブ感を受けるかもしれない。TikTokはまた、2021年2月にUMGと提携を結んだ。その前の2020年11月には、TikTokはソニーとの新たなライセンス契約合意を発表した。一方、Snapの音楽パートナーのポートフォリオにはWarner Music GroupやSony Music Publishingなどが含まれる。
これらの提携は独占ではない。「deja vu」を使ってSnapchat、TikTok、Instagramなどでビデオを制作できる。こうした提携は他者を出し抜くための、常に繰り広げられる戦いだ。もしTikTokがUMGと提携すれば、Snapchatは競争力を保つために同様にUMGと提携する必要があり、これは現在我々が目にしているものだ。我々の友オリヴィアがいうように、厳しい世界だ。
関連記事:TikTokがソニー・ミュージックと新たなライセンス契約を締結、マイケル・ジャクソンも対象に
カテゴリー:ネットサービス
タグ:Snap、ユニバーサルミュージック、SNS、Snapchat
画像クレジット:Snapchat
[原文へ]
(文:Amanda Silberling、翻訳:Nariko Mizoguchi)
[紹介元] TechCrunch Japan Snapが動画で使える音楽の拡充でユニバーサルミュージックと提携